PDIndexer

最新バージョンは [show_file file=”http://pmsl.planet.sci.kobe-u.ac.jp/~seto/software/PDIndexer/NewestVersion.txt”] です。

PDIndexerは一次元粉末X線回折パターンの解析を行うソフトです。 RigakuやMacScienceの粉末X線回折装置や、デバイシェラー透過光学系で得られた放射光X線などで得られた回折プロファイルを表示することが出来ます。 また複数プロファイルの表示、既知結晶の回折線との比較、標準物質との比較による温度・圧力の校正・プロファイルフィッティング+最小二乗法による格子定数の精密化機能などを備えています。

以下のページにアクセスし、最新版のPDIndexerSetup.msiファイルをダウンロード・実行してください。(「Windows によってPCが保護されました」という警告が出た場合は、「詳細情報」を押してから実行ボタンを押してください。) https://github.com/seto77/PDIndexer/releases/latest (2020/03/01 配布元をGitHubに変更しました) マニュアル アルゴリズムについて(PDF) 使用条件: 本プログラムは学術目的で作成されたフリーソフトウェアです。 ・商用/非商用を問わず、誰でもご自由にお使いいただけます。 ・ただし、軍事目的あるいは違法な目的での使用は固く禁じます。 ・如何なる商用目的の販売、あるいは有償のサポートを行いません。 免責: 作者は本プログラムの ・動作保証を致しません。 ・使用によって直接的あるいは間接的に生じた障害、損害についての責任を負いません。 ・修正、及びバージョンアップの義務を負いません。

 

最近のバージョンアップ履歴 [show_file file=”http://pmsl.planet.sci.kobe-u.ac.jp/~seto/software/PDIndexer/RecentHistory.txt”]